キムチにはどのような栄養素・成分が含まれている?

キムチにはどのような栄養素・成分が含まれている?

キムチは日本でも人気がある食品です。スーパーに行けば様々な商品が販売されているので、知っている方が多くいると思われます。キムチは健康にとても良いことも特徴の一つなので、どのような栄養素や成分が含まれているのかを見ていきます。栄養素は乳酸菌やビタミンB群、カプサイシン、食物繊維などです。乳酸菌は腸内環境を改善する効果が期待できます。免疫力を高めたり、ガン予防にも繋がります。カプサイシンは脂肪燃焼効果や疲労回復、血圧低下などです。 キムチは加熱はしないでそのまま食べることが大事になります。60℃以上で加熱してしまうと乳酸菌などが死滅してしまいます。せっかく豊富な栄養が摂れるのに、加熱することで少なくしてしまっては意味がないです。1日の摂取量は50g程度までにしてください。多く摂取してしまうと逆効果です。塩分の過剰摂取だけでなく、カプサイシンの摂りすぎは胃腸を弱めてしまうリスクがあるので注意が必要です。

キムチにはどんな良い効果が期待されるの?

真っ赤な色をしたキムチは子供からご年配の方まで人気の食べ物です。甘さ控えめでお子さんも食べることが出来るタイプもあれば火をひくような辛さまでいろいろです。美味しくて食が進みますがそれだけではなく実は、栄養満点で様々な良い効果が期待できます。例えばその一つに、新陳代謝を挙げる役割があります。寒い冬にキムチ・豚肉・イカ・ネギ・などを入れたキムチ鍋を食べると汗が噴き出ます。これは、新陳代謝が活発になるために発汗作用があるからです。体温を挙げることで体が丈夫になりますし、風邪をひきにくくなります。他にも期待できることは、美肌効果です。韓国の女性は若い人だけではなくご年配の方までお肌がつるつるで輝いていますが、これは小さいころから毎日キムチをたくさん食べていたからです。お肌に張りがない、つやが欠けているという方は毎日食べてみましょう。とはいうものの、塩分がたくさん含まれていますので量には気を付けるべきです。