キムチがどんな料理とも相性がいい理由とは?

キムチがどんな料理とも相性がいい理由とは?

辛さと酸味、そして豊かな旨みを堪能できるキムチは、韓国料理を代表する特別な一品です。様々な料理との相性が良いため、付け合わせとしても大いに活躍します。 キムチは塩気と酸味、そして甘味が非常にバランス良く組み合わさった食品です。様々な風味がほどよく調和しているため、どんなタイプの料理とも違和感なく組み合わせることができます。適度な辛さが食欲を刺激してくれるため、一緒に食べる品の味わいを引き立ててくれるのです。 また発酵食品であるキムチには乳酸菌が豊富に含まれているため、消化を促進する作用があります。その作用も、他の食材との相性が良くなる理由の一つだといえるでしょう。 そのまま食べても美味しいキムチですが、炒め物やスープ、鍋料理などにも活用できます。加熱することで一味違った風味を楽しめるのも、魅力的なポイントです。様々な料理にプラスすることで、旨味をまして味わいのバリエーションを増やすことができます。

キムチを美味しくするためには調味料の組み合わせが重要

韓国の食卓には欠かせないとされているキムチですが、ドラマや歌謡曲の人気、さらには気軽に行ける旅行先などが理由により日本の食卓にも並ぶようになりました。焼肉屋さんで食べることが多かったキムチですが、今では普通にスーパーでも購入できるようになりましたし、中には自宅で漬けるという人も少なくありません。日本では昔からお漬物が人気がありましたが、それと同じようにそれほど難しい調理法ではないところも魅力になっています。ただ美味しいキムチを作るためには調味料の組み合わせが重要で、食材となる白菜や大根の他に唐辛子や塩辛といったものを混ぜあわせて発酵させる必要があります。唐辛子は手に入りやすいですが、塩辛などの副材料となる調味料は韓国本場のものを手に入れることが重要です。日本のものも品質が良いですが、本場の味を堪能したいという時には韓国産のものがおすすめです。外国製品を取り扱っている商店に行けば、比較的簡単に手に入れることが可能です。